保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

自己流はキケン!〜守破離を意識しよう〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は守破離について解説していこうと思います。

まずは動画をご覧下さい。


まずは守破離を理解しよう

守破離とは、師弟関係のあり方のひとつです。

誰かに教えてもらう時に、

「守」はその型を忠実にを守り、確実に身につける。

「破」はその後に他の考え方の良いことろを取り入れて発展させる。

「離」は独自の新しいことを生み出す。

というステップが必要なのです。

ビジネスにおいて、まずはメンター(師匠)に言われた通りに作業をこなしていくことがとても大事だと思っています。

この段階を飛ばしていきなり「破」の段階に行ってしまって、失敗してしまうケースもあるのではないでしょうか。

メンターはすでに目標を達成している人なので、結果の出し方を知っているはずなのです。

つまりメンターの言う通りに諦めずにやっていけば結果は必ず出るということです。

そんな貴重な知識を教えてもらっているのに、すっ飛ばしてしまってはダメなわけです。

自己流は本当に恐ろしい

例えば野球を始めるとします。

誰にも教えてもらわずにいきなり素振りや投球練習をしてもフォームは滅茶苦茶になってしまいますよね。

そして、滅茶苦茶になったフォームは直すのがとても大変です。

自己流で始めることの方が時間がかかってしまうのです。

ビジネスでも同じことが言えます。

自己流で始めてしまったことの価値観を変えるには時間を要します。

何事も最初は決まった型から始める方が良いのです。

型が自分に身についてきてから、他の人の良いところを取り入れていくことで成長できます

どうしても人間は急いで結果を求めてしまい、「守」の段階を疎かにしがちですが、この段階が一番大事だということを肝に銘じておきましょう!

しっかりと順序を守ることは大切なことですよ!

プライドを捨てよう

人間って変なプライドを持ってしまうものですよね。

これが本当に厄介です。

人に教えてもらう時にはこのプライドを捨てられる人の方が成長が早いと思います。

メンターの教えを“素直”に“誠実”に聞くということです。

ここに変なプライドが入ってしまうと、素直に聞くことができなくなってしまいます。

ほとんどの成功者の方が、素直な人ほど成功しやすいと言っています。

人の話を素直に聞き、誠実に実践していきましょうね!

ビジネスおいては「守」だけで十分です。


LINE友達募集中!気軽に申請してください。

スマホ以外の方は「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

スマホの方はこちらをクリック⇒友だち追加





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする