保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

セールスは善なのか悪なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ゆげです。

あなたはセールスと聞いてどんなことを思い浮かべますか?

「無理矢理買わされる」

「興味のない話を長いこと聞かされる」

「高いお金を払わされそう」

などいろんなイメージがあると思います。

そんなセールスですが、本当に悪いことなのでしょうか?

今回はセールスというテーマについて動画でお話ししています。


なぜ悪いイメージを持たれてしまうのか?

冒頭でもお話しした通り、セールスと聞くと悪いイメージを持つ方は多いと思います。

では、なぜそういった悪いイメージを持たれてしまうのでしょうか?

それは、突然商品を売りつけられているため教育をされていないからです。

教育とは、商品についてのメリットや商品を買わないことによるデメリットを見込み客にしっかりと提示することです。

つまり商品に対しての興味を持ってもらうのです。

OATHの法則というものがあります。

詳しくは記事を見て欲しいのですが、人間はしっかりと教育され自らが欲しいと思った商品を購入した時は、セールスをされたという意識がないのです。

あなたが商品を買う時は、お店に行って欲しいと思ったものを買いますよね?

これも実はセールスされているのですよ。

ですが、自らが欲しいと感じて購入しているので、セールスされたと認識する人はいないでしょう。

セールスは善である

これらを考えていくとセールスは悪いことではなく、良いことなのだとわかってくるはずです。

つまり、見込み客をしっかりと教育し、見込み客の方から商品を購入したと感じてもらえれば良いのです。

そうすれば、お客様は自分の意思で購入したのだ!

と思いセールスを受けたとは全く思わないのです。

OATHの法則でいうところのHurting(今すぐ解決したい)段階まで教育することができれば良いのです。

あなたが商品を売る立場にいるのであれば、この段階まで教育することを心がけましょう!

今すぐ解決したい段階まで行けばセールスはセールスではなくなるのです。

注意点としまして、セールスをする立場の人は自分が良いと思う商品だけを売るようにしてください。

自分が心から良いと思っている商品でないと教育することなどできません。

嘘はいずれバレてしまいますよ!


LINE友達募集中!気軽に申請してください。

スマホ以外の方は「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

スマホの方はこちらをクリック⇒友だち追加





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする