保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

Quick Time Player(クイックタイムプレーヤー)を使ってMacで画面収録する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はQuick Time Player(クイックタイムプレーヤー)を

使ってMacで画面収録する方法のご紹介です。

Macはプリインストールされているアプリが豊富ですね。

このQuick Time Playerも最初から入っているアプリです。

操作も簡単なので、使いやすいですよ!

Macをお使いの方は、Quick Time Playerで収録してiMovieで編集するという人も多いですね。

動画でご説明しています。

 

手順

Quick Time Playerを開いたら左上の「ファイル」をクリックして

「新規画面収録」をクリックです。

すると録画バーが表示されます。

録画ボタンの横にある矢印マークをクリックすればマイクなどを選択することができます。

そして録画ボタンをクリックです。

画面全体を録画したい場合はそのままクリックすると録画が開始されます。

範囲を指定したい場合はドラックして範囲を指定しましょう。

停止したい場合は右上の停止ボタンをクリックするだけです。

とっても簡単ですね。

撮影した動画はiMovieで編集できます。

iMovieも最初から入っているアプリです。

ちなみに僕はカムタジアを使っています。

画面録画に関してはQuick Time Playerと大差ないですが、

編集する場合は、iMovieよりもカムタジアの方が機能が豊富です。

ですが、カムタジアの場合有料ですので、無料で済ませたいという人は無理に購入する必要はありませんね。

カムタジアに関する記事はこちら

 
LINE友達募集中!気軽に申請してください。

スマホ以外の方は「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

スマホの方はこちらをクリック⇒友だち追加





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする