保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

訪問者向けのサイトマップ作成方法~PS Auto Sitemap~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、Googleウェブマスターツールへ送信する用のサイトマップ作成方法をご説明しました。

今回は、サイトを訪問してくれた人向けのサイトマップ作成方法をご説明します。

これを作成することでサイト訪問者がコンテンツを一覧で確認することができます。

ビジネスとしてブログやサイトを運営していくのであれば

訪問者の事も考えたサイトマップを作成しておいた方が良いでしょう。

「PS Auto Sitemap」というプラグインを使うのですが、

このプラグインを一度インストールしてしまえば

あとは自動的にサイトマップを追加していってくれるのでとても便利です。

動画でご説明しています。

プラグインのインストール手順

ワードプレスのダッシュボードから「プラグイン」「新規追加」を選択します。

スクリーンショット 2016-07-29 16.01.12

次に「PS Auto Sitemap」を検索します。

スクリーンショット 2016-08-26 2.46.12(1)

「今すぐインストール」をクリックします。

スクリーンショット 2016-08-26 3.09.41

「有効化」が終わると「設定」のところに「PS Auto Sitemap」と表示されるのでクリックします。

スクリーンショット 2016-08-26 3.09.53

画面が切り替わったら一番下までスクロールします。

スクリーンショット 2016-08-26 3.10.19

「ご利用方法」

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

をコピーします。

次に「固定ページ」「新規追加」を選択します。

スクリーンショット 2016-08-26 3.34.14

「タイトル」と「パーマリンク」を設定して

「テキスト」編集画面にします。

先ほどコピーした

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

を編集画面に貼り付けて「公開」をクリックします。

スクリーンショット 2016-08-26 3.11.19

次に「固定ページ」「固定ページ一覧」をクリックします。

スクリーンショット 2016-08-26 3.34.14(1)

すると先ほど作成した「サイトマップ」の固定ページがあるので、カーソルを合わせます。

カーソルを合わせると左下にリンクが表示されるのでIDを確認します。

あなたのドメイン/wp-admin/post.php?post=811 ←この数字をメモ

※今回は811となっていますが、

人それぞれ違うのでしっかりと確認してください。

スクリーンショット 2016-08-26 3.12.44

IDを確認したら、「設定」から「PS Auto Sitemap」に入ります。

スクリーンショット 2016-08-26 3.09.53

次にIDを入力します。

スクリーンショット 2016-08-26 3.10.35

「サイトマップを表示する記事」に先ほどのIDを入力します。

僕は「ホームページの出力」のチェックを外していますが、

この辺はお好きな設定をお選びください。

除外したい記事やカテゴリのIDを任意で入力してください。

スタイルの変更はお好きなものを選んでください。

ちなみに僕のサイトマップは「シンプル2」に設定しています。

キャッシュの使用はキャッシュ設定のプラグインを使用していなければ

チェックをしたままで大丈夫です。

入力が終わったら「変更を保存」をクリックするとサイトマップが完成します。

あとはグローバルメニューなどに設置をすれば

サイト訪問者からもサイトマップを確認することができます。

LINE@友達募集中!気軽に申請してください。

こちらをクリック⇒友だち追加数

もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする