保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

パレートの法則を有効活用しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ゆげです。

今回はパレートの法則のご説明をしていきます。

パレートの法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した経済学のことです。

「80:20の法則」「2:8の法則」と言ったりもします。

動画で解説しました。


パレートの法則とは?

パレートの法則は「2:8の法則」とも呼ばれます。

パレートの法則は、「物事を構成する要素が全体に占める割合はかたよりがあり、複数要素のうち一部で全量の大部分の割合が占められている」といった法則です。

つまり全体を10とした時の8割のことは2割の成果によってもたらされているということです。

具体例を出すと、

・企業の売り上げの8割は2割の製品によってもたらされている

・ソフトウェアを8割を使いこなすには2割の機能を使えれば良い

・仕事の成果の8割は、費やした時間の2割によってもたらされている…etc

このように全体に占める割合には、かたよりがある事が多いのです。

働くアリは2割だけ

よく働くことで知られているアリですが、実は働いているアリは全体の2割しかいないそうです。

残りの8割のアリはサボっているのです。

これもパレートの法則に当てはまっています。

2割のアリの働きによって、アリの生活は成り立っているのです。

そこで怠けている8割のアリを巣から追い出したところ、残った2割のアリの中からまた8割のアリがサボってしまうのです。

こういった連鎖がずっと続いていくのです。

仕事に有効活用しよう

このパレートの法則ですがうまく活用することができれば、仕事の効率化につながります。

費やした時間の2割によって成果がもたらされているので、この2割の時間に集中するのです。

重要な仕事をこの2割に充てるのです。

そこまで重要ではない仕事は、残りの8割の時間にやるようにしましょう。

もちろん、残りの8割は怠けて良いわけではありません。

仕事に優先順位をつけて、効率化を図ろうということです。

人間は24時間ずっと集中していることは不可能ですので、2割の時間に集中力を費やすことができれば、大きな成果を得ることができるようになります。

2:6:2の法則とは?

パレートの法則から派生した「2:6:2の法則」というものがあります。

これは、全体の2割が上位、6割が平均的、2割が下位であるというものです。

例えば、会社の従業員の中の2割が優秀な社員、6割が平均的な社員、2割がパッとしない社員といった具合に分かれるのです。

ある会社ではエリートしか採用していなかったそうです。

エリートばかりを集めたはずが、なかなか生産性が上がらず社員のモチベーションも上がらないことがありました。

ある人に相談したところ、「ダメな人材を雇いなさい」と言われたそうです。

そして、あまり優秀ではない人材を雇ったところ、エリートたちの生産性は上がり、モチベーションアップにも繋がったという話があります。

人間関係にも当てはまります。

自分のことに共感してくれる人は2割、どちらでもない人は6割、自分のことを嫌いになる人は2割いるということです。

人に嫌われるということは悲しいことですが、そこでくよくよしていてはダメです。

共感してくれる人が2割もいるわけですから、この2割の人だけを見るようにするのです。

万人に好かれるということは難しいことなので、そこは割り切るようにしましょう。

このパレートの法則は人間は逃れることのできない法則のようですね。

パレートの法則を有効に活用して仕事を効率化しましょう!


LINE友達募集中!気軽に申請してください。

スマホ以外の方は「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

スマホの方はこちらをクリック⇒友だち追加  





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする