保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

FacebookライブでBGMやパソコンの画面を映す方法〜OBS Studioを使ってライブ配信してみよう〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前に、OBS Studioを使ってYouTubeLiveを配信する方法と、MacOSにて配信にデスクトップから流れる音を載せる方法について説明しました。

ご覧になっていない場合はこちらから

OBS Studioを使ったYouTubeLive配信方法&Mac OSでパソコンの音を配信に載せる設定
今回は自分の備忘録も含めOBS Studio(Open Broadcaster Software)を使ったYouTubeLiveの配信方法を解説していきます。

今回は、最近流行のFacebookライブの配信方法を説明していきます。

YouTubeLiveと同様、Facebookライブも動画として保存されるようなので、配信者側としてはありがたいですね。

以前は、Facebookライブでパソコンから配信をするにはFacebookページを作成する必要がありました。

(スマホからのライブ配信は元々、Facebookページを作成せずにできました。)

ですが、最近になってパソコンからでもFacebookページを作らずにライブ配信を行えるようになりました。

これによりFacebookでゲーム配信やスライドショーを使ったウェブセミナーが行えるようになり、Facebookライブというものが、より身近なものになりましたね。

ライブ配信中は「いいね!」やコメントが付くことにより、友達のタイムラインの上位に表示されやすくなるので、拡散しやすくなります。

最近のFacebookは動画内に広告ブレークを挿入できるようにしたりなど、動画コンテンツに力を入れているので、近い将来YouTuberと肩を並べる”Facebooker”という職業も出てくるかもしれません。笑

この機会にFacebookライブを始めてみてはいかがでしょうか?

それでは、具体的な方法を説明していきます。

カメラのみを使った配信方法

Facebookにログイン後、投稿画面から『ライブ動画』を選択して準備ができたら『ライブ配信を開始』を選択して配信をスタートします。

スクリーンショット 2017-05-17 10.35.26

後は、ライブ配信を進めていくだけです。

※この方法は、ウェブカメラがないパソコンでは配信できません。

自分の顔や風景などカメラを使用した配信したい場合、ウェブカメラ付きのノートパソコンを用意するか、ウェブカメラ単体を購入もしくは、スマホから配信しましょう。

パソコンの画面を配信する方法

まずは配信ソフトのOBS Studio(Open Broadcaster Software)をダウンロード、インストールしてください。

Open Broadcaster Software is free and open source software for video recording and live streaming. Stream to Twitch, YouTube and many other providers or record ...

無料でダウンロードできる配信ソフトは他にいくつかあるようですが、僕はOBS Studioを使っています。

OBS StudioさえインストールしておけばYouTubeLiveやUstream、Abema FRESH!、ツイキャス、ニコ生等も配信することができるのでOBSをオススメします。

有料のソフト並みに機能が豊富で、普通に配信するだけなら設定方法も簡単です。

OBS Studioの詳細設定については下記リンクをご覧ください。

OBS Studioを使ったYouTubeLive配信方法&Mac OSでパソコンの音を配信に載せる設定
今回は自分の備忘録も含めOBS Studio(Open Broadcaster Software)を使ったYouTubeLiveの配信方法を解説していきます。

Facebook側の設定

OBS Studioの設定が完了したら、下記リンクにアクセスしてください。

『ライブストリーミングを作成』をクリックします。

ライブストリーミングを投稿する場所を選択し『次へ』を選択。

選べるものは以下の5つです。

  • 自分のタイムラインでシェア
  • 友達のタイムラインでシェア
  • グループでシェア
  • イベントでシェア
  • 管理しているページでシェア

基本的には自分のタイムラインでシェアでOKです。

This live stream is a 360 video. 】は360度動画を配信する場合にチェックを入れます。

それ以外はチェックを入れなくてOKです。

『セキュアな接続(SSL)』にチェックを入れることをオススメします。

チェックを入れて配信をすることでエラーになってしまう場合は、チェックを外してください。

投稿欄はライブ配信の説明などを記入しておくと良いと思います。

【基本設定】の『動画タイトル』を記入。

ゲーム配信をする場合は、『ビデオゲーム』にタグ付けをします。

『ストリームキー』はOBS Studio側に貼り付けます。

OBS Studioを開き、『設定』→『配信』を選択。

【サービス】から『Facebook Live』を選択し、Facebook側に表示されている『ストリームキー』をOBS Studioに貼り付けて右下の『適用』→『OK』をクリック。

設定が完了したら、OBS Studioトップ画面の『配信開始』を選択。

するとFacebook側にプレビュー画面が表示されます。

OBS Studioで設定した画面が、ちゃんと反映されているか確認してください。

ライブ配信の公開範囲を設定することもできます。

選択項目は次の6つです。

  • 公開
  • 友達
  • 次を除く友達
  • 一部の友達
  • 自分のみ
  • カスタム

『公開』を選択すると、シェアして貰えれば、たくさんの人に見てもらえる可能性がありますが、一部の人にのみライブ配信を行いたい場合は『一部の友達』を選択しましょう。

テスト配信は『自分のみ』を選択しましょう。

他にも、タグ付けやチェックインの設定をすることもできるようです。

以上の設定が完了したら、『ライブ配信を開始』を選択して、ライブ配信スタートです!

BGMを流したい場合はステレオミキサーをONにして、普段音楽を聞くのと同じようにパソコンから流せばOKです。

※音を流す時に、スピーカーから流してしまうとハウリングしてしまうので、ヘッドホンやイヤホンを使用しましょう!

ステレオミキサーをONにすることでSkype通話の相手の声もライブ配信に載せることが出来ます。

WindowsでステレオミキサーをONにするには、『コントロールパネル』から『ハードウェアとサウンド』→『サウンド』→『録音』→『ステレオミキサー』を有効にしてください。

rapture_20170514173325

MacOSでのステレオミキサー設定は、無料のツールをインストールする必要があります。

詳細は下記の記事に記載していますので参照ください。

OBS Studioを使ったYouTubeLive配信方法&Mac OSでパソコンの音を配信に載せる設定
今回は自分の備忘録も含めOBS Studio(Open Broadcaster Software)を使ったYouTubeLiveの配信方法を解説していきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

FacebookライブはYouTubeLiveよりも拡散しやすいので、ビジネスの集客などにも有効的に活用できると思います。

視聴者とのコミュニケーションを取りながら、ライブ配信を楽しんでみてください^^





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする