保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

メラビアンの法則を意識して相手に印象付けできるようになろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ゆげです。

今回はメラビアンの法則と呼ばれているものについて解説していきます。

動画で説明しています。


メラビアンの法則とは?

アルバート・メラビアンというアメリカの心理学者が発見した法則です。

コミュニケーションの三大要素(言語情報、聴覚情報、視覚情報)の割合を示したものです。

人間がコミュニケーションをとる際にどういったところをより見ているのか、といったことです。

メラビアンの法則では次のようになっています。

言語情報:7%

聴覚情報:38%

視覚情報:55%

なんと、話の内容よりも外的要因が占める割合の方が圧倒的に多くなっています。

つまり、見た目の部分や声の大きさや高さで好印象を持ってくれやすくなったりするわけです。

視覚情報とは、容姿もそうなのですが、自身がありそうだったり堂々として見えたりなどといったことです。

自信なさそうに話されると、聞いている側も不安になってきますからね。

そして声の大きさも小さいよりは大きい方が良いですね!

大きな声で話してくれる人の方が自身がありそうに見えるし、聞き取りやすかったりと好印象を与えることができますね。

ただし、大きすぎるのはダメですよ!笑

少し誤解されている!?

動画では話の内容はあまり関係ないと言いましたが、実際のコミュニケーションではそんなことはありません。

あくまでも自己紹介やプレゼンでの印象付けの方法ですので、実生活のコミュニケーションにはあまり当てはめないようにしましょう。

実際には話の内容も重要ですからね!

相手に覚えてもらえるようなエピソードを話そう

人間は実際の体験談やストーリー、エピソードなどの方が記憶に残っていることが多いです。

小学校の時に習った教科書の内容はあまり覚えていませんが、運動会などのイベント事は覚えていますよね?

つまり、エピソードなど混ぜて話をするようにすると相手に覚えてもらいやすかったりするのです。

自己紹介の時に、ただただ、経歴を話してばかりいてもあまり印象に残す事はできないので、自身の体験談などを織り交ぜながら話すようにしましょう!

LINE友達募集中!気軽に申請してください。

スマホ以外の方は「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

スマホの方はこちらをクリック⇒友だち追加





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする