保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

マズローの欲求5段階説とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ゆげです。

今回はマズローの欲求5段階説という人間の行動心理学について解説していきます。

これはアメリカの心理学者である、アブラハム・マズローという人が提唱したものです。

動画で解説しています。

マズローの欲求5段階説とは?

冒頭でも説明しましたが、マズローの欲求5段階説とは人間の行動心理学です。

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されており、

1段階目の欲求が満たされると、次の段階の欲求を目指すというものです。

  • 第1段階は、生理的欲求
  • 第2段階は、安全欲求
  • 第3段階は、社会的欲求
  • 第4段階は、尊厳欲求
  • 第5段階は、自己実現欲求

という5段階に分かれています。

1、2、3段階の欲求を低次の欲求、(外的要因)

4、5段階の欲求を高次の欲求(内的要因)と呼びます。

それでは一つずつ見ていきましょう。

第1段階 生理的欲求

これは人間の本能的な欲求のことです。

人間が生きていく上で欠かすことのできない欲求です。

食べることや寝ることなどが挙げられます。

まずはこの段階の欲求が満たされないと人間は病気になりやすくなったり、

不快な気分になり苛立ちを覚えるようになります。

この段階が満たされると次の段階である安全欲求を求めます。

第2段階 安全欲求

これは安全で安心できる暮らしがしたいという欲求です。

身体の健康を維持することや経済面での安全です。

生理的欲求と同じく、この段階が満たされていないと他のことを考える余裕が生まれません。

安全欲求が満たされると、第3段階である社会的欲求を求めるようになります。

第3段階 社会的欲求

人間という生き物は社会、つまり集団に属したいと願うものです。

ずっと一人でいると孤独で不安を感じてしまいます。

ですので、集団(コミュニティ)や仲間が欲しくなります。

家族や、学校、部活動、サークル活動、会社などが挙げられますね。

第4段階 尊厳欲求

第3段階である社会的欲求が満たされると

今度は周りから認められたい、尊敬されたいという欲求が生まれてきます。

所属しているコミュニティであったり、仲間から認められ尊敬される存在になりたいのです。

第5段階 自己実現欲求

尊厳欲求が満たされると自己実現欲求が生まれます。

これは自分の能力を最大限に引き出して、創造的活動をしたいなどです。

本来の自分のあるべき姿を追い求めるということです。

自分は本当はどんなことをしたいのか?

自分は本当は何を目指しているのか?

といったことを追い求めるわけです。

第6段階 自己超越欲求

これまで、5段階説ということで説明してきましたが、

マズローは後に自己実現欲求の次の段階があることを提唱しました。

それが「自己超越欲求」です。

これは自分の目的の達成「のみ」を純粋に求めるということです。

見返り等は一切求めずに、自我を忘れて目的の達成に没頭するという状態です。

まとめ

これまでマズローの欲求5段階説(+1段階)を解説してきました。

マズローは1段階ずつ目指すと言っていますが、

必ずしもそうとは限らないと思います。

生理的欲求が満たされた時点で社会的欲求が求める人もいるでしょうし、

社会的欲求が満たされた時点で自己実現欲求を求める人もいるでしょう。

必ずしも当てはまるとは言い切れませんが、

人生においての道しるべにはなるでしょう。

ビジネスにおいて、どの層をターゲットにしていくのか、

などに応用していくことができますね。

LINE@友達募集中!気軽に申請してください。

こちらをクリック⇒友だち追加数

もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする