保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

AISAS(アイサス)の法則〜消費者の購買行動プロセスを知ろう〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ゆげです。

あなたは消費者の購買行動プロセスをしっかりと理解できていますか?

AISAS(アイサス)の法則を参考にして、戦略を立てていきましょうね!

動画で詳しく解説しました。


AIDMA(アイドマ)の法則とは?

AISASの法則を説明する前にAIDMAの法則というものを説明します。

なぜならAISASの法則はAIDMAの法則を現代のインターネット時代に適応させ「電通」が提唱しているものだからです。

なのでAIDMAの法則を少しだけ解説していきますね。

AIDMAの法則は、1920年代に米国のサミュエル・ローランド・ホール氏によって提唱され、一般的な「消費者の購買行動プロセス」として位置付けられています。

順番に見ていきましょう。

A:Attention(認知、注意)

I:Interest(興味、関心)

D:Desire(欲求)

M:Motive(動機)

A:Action(行動)

というものです。

Aの段階を「認知段階」

I,D,Mの段階を「感情段階」

Aの段階を「行動段階」

と呼びます。

A→消費者はまず最初に、商品の存在を「認知」し、

I→その商品を自分に関係あるものとして「興味、関心」を示し、

D→その商品が自分の役に立つものとして「欲求」

M→その商品の販売実績などを知ることで、それが「動機」へとつながり、

A→販売店へと行って商品を購入する「行動」

という流れになります。

AISASの法則とは?

AISASの法則はAIDMAの法則を応用させ、1995年に電通によって提唱された「消費者の購買行動プロセス」です。

では、順番に見ていきましょう。

A:Attention(認知、注意)

I:Interest(興味、関心)

S:Search(検索)

A:Action(行動)

S:Shere(共有)

という流れです。

まさに現代に応用させた感じがありますね。

商品に興味を持ったら、その商品に関する情報をインターネットで検索してから

販売店に行ったり、インターネット上で購入する。

そしてその商品を購入したことや、商品の感想などをSNSなどでシェア(共有)する。

といった感じです。

「検索」というのが面白いですね。

僕もやってしまうのですが、やっぱりネットで検索して詳細情報を把握してからでないと、購入しないことが多くなってきました。

他にいい商品はないのか?

もっと安い商品はないのか?etc

実際ネットで買う方が安かったりしますからね!笑

そして、「シェア(共有)

これがとてつもない影響力を持ちます。

例えば、食べログで行きたいお店を探すときに必ず口コミと評価を見ると思うんです。

そして、これを見てそのお店に行くのか行かないのかを判断しますよね。

たとえ評価が低かったとしても、口コミが一件もないお店よりは行きやすかったりします。

それだけ口コミの影響力はすごいのです。

昔は口コミといってもごく一部のコミュニティの間でしか広がりませんでしたが、インターネット時代になったことでSNSなどが発展しました。

そのおかげで今の口コミの広がり方は半端じゃないです。

今の企業はこの口コミをお客様に書いてもらおうと必死なわけです。

美容室などでよくありますよね。

口コミを書いてくれたら次回は割引させていただきます!

っていうやつです。

僕は最近新しく行った美容室で、まさに言われました。笑

割引をしてもいいくらい口コミを欲しがっているわけですね。

悪い商品というのもすぐに広がってしまうということですが、良い商品なら売り上げがもの凄いことになりますね!

ビジネスをやる時には、いかにして良い口コミをもらえるのか?

という事を考えてみましょう。


LINE友達募集中!気軽に申請してください。

スマホ以外の方は「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

スマホの方はこちらをクリック⇒友だち追加





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする