保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

4つのNOTとは?コピーライティングにおける心理障壁を知ろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ゆげです。

今回は、コピーライティングにおける心理障壁と言われている「4つのNOT」の解説をしていきます。

これはメルマガはもちろん、レターやサイトなどにも当てはまります。

4つのNOTをしっかりと理解して、コピーライティングのスキルを磨いていきましょう!

動画でご説明しています。

4つのNOTとは?

4つのNOTとはコピーライティングにおける

人間の4つの心理障壁を表したものです。

  • NOT Open(開かれない)
  • NOT Read(読まれない)
  • NOT believe(信じてもらえない)
  • NOT ACT(行動しない)

といったものです。

もともと、3つのNOT(Openがない)を提唱されていましたが、

最近は4つのNOTを提唱されることが多いです。

それでは一つずつ見ていきましょう。

NOT Open(開かれない)

NOT Open(開かれない)

これはメルマガに限ったものに聞こえてしまいますが、

サイトなどでは、気付かれないということです。

まずはこの段階をクリアしないと何も始まりません。

特にメルマガの場合は開かれないことが多いです。

メルマガを登録した時から「捨てアドレス」で登録する人もいますし、

最初は熱心に読んでくれていたけど途中で飽きてしまった。

なんてこともよくあります。

この段階をクリアするには、興味を引くタイトルを意識することが大事になってきます。

コピーライティングには様々なテクニックがあります。

特にGDTの法則を意識すると良いでしょう。

GDTの法則に関する記事はこちら

読み手の興味を引きつけるようなタイトルを意識することができれば

第一関門である「開いてもらう」確率が上がります。

NOT Read(読まれない)

第一関門をクリアしたら、第二関門が待ち受けています。

そして、この第二関門が一番難しいです。

多くの人が悩むのもこの関門ですね。

NOT Read(読まれない)

ということです。

あなたも購読したメルマガ全てを最初から最後まで読むことは少ないはずです。

読んだとしても最初の部分と終わりの部分だけということが多いです。

もしくは、流し読みをして内容はほとんど把握されません。

こちらがどんなに一生懸命書いた文章であっても

伝わっていないケースがほとんどなのです。

文章を書いている側にとっては切ないことですが、読み手からすればそんなことは関係ありません。

最難関であるこの関門をクリアするには、

最初の文章でいかに興味を引けるかといったことにかかっています。

これはQUESTフォーミュラという法則を用いると良いでしょう。

QUESTフォーミュラに関する記事はこちら

他の方法としては、最後の文章に力を入れるということです。

なぜなら、P.S(追伸)の部分が一番読まれやすいと言われているからです。

あなたも流し読みをした後に、最後の数行だけ読むといったことが多いのではないでしょうか?

この部分に、本文を読まなくては理解できないような

暗号のようなものを入れると

読み手としては暗号が気になってしまい、本文をさかのぼるといった行動をするのです。

もしくは、最初から本文は読まれないものと割り切って

P.S(追伸)の部分に最も伝えたいことを書いておくという方法もあります。

P.S(追伸)の部分だけを読めば

伝えたいことの8割を伝えることができるようにするのです。

ここでの注意点は、本文で手を抜かないということです。

「どうせ読まれないのだから本文は適当に書いちゃえ」

みたいなことは絶対に考えてはいけません。

こんなことをしたら、ちゃんと読んでくれている読者さんに大変失礼です!

本文でもしっかりと気持ちを込めた文章を書き、

P.S(追伸)の部分で概要を記しておくのです。

NOT believe(信じてもらえない)

第三の関門ですね、こちらがどれだけ真実を述べたとしても

多くの人は最初から信じることができないのです。

一度も話したことがない、会ったこともないような人なら尚更です。

話したこともないような人を、

「いきなり信じろ」ということ自体が無理のある話です。

ですので、証拠を見せることが大事です。

ネットビジネスに関することなら、自分がいくら稼いだのかをはっきりと画像で示すのです。

証拠を提示するよりも信用度が増すのが第三者の声です。

いわゆる「口コミ」です。

バンドワゴン効果というものがあるのですが、

人間は多くの人が支持しているものを、自分も手に入れたいと思う傾向にあります。

食べログでお店を探すときに、口コミや評価を見るかと思います。

そこで、口コミが多い店や評価の高い店は他の店よりも

「行ってみたい!」と思いますよね?

つまり、多くの人の口コミをもらうことでこの効果を発揮することができるのです。

「たくさん人が支持しているものだから、いいものなのだろう」

と思わせることができます。

NOT ACT(行動しない)

最後の関門は、NOT ACT(行動しない)です。

メルマガを開いてくれて、しっかりと読んでくれた、そして信じてくれたが、

それでも行動しない人は多いのです。

この関門をクリアするには、行動を促すということが大事です。

当たり前のことに聞こえるかと思いますが、これはとても大事なことなのです。

行動を促すというのは、

「こちらから登録してください」

「お申し込みはこちらから」

と言ったものです。

何も言わずにURLを貼っていても、読み手としては

このURLが何なのかがわからないのです。

ですので、URLを貼っておけばわかるだろうといった思い込みをせずに

明確に行動を指示するようにしましょう!

まとめ

ここまで「4つのNOT」という心理障壁を解説してきましたが

最後まで読んでいただけた方はかなり少ないと思います。

ですが、最後まで読んでいただけた方には伝わっていると思っています。

僕が、

一切手を抜かずにこの記事を書いた

ということを。

これこそがまさに、NOT Read(読まれない)でお話ししたことなのです。

最後まで読んでいただけた方は

是非、参考にしてみてください。

LINE@友達募集中!気軽に申請してください。

こちらをクリック⇒友だち追加数

もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする