保護中の記事のパスワードはメール講座1通目で公開しています

パッケージが簡単に作れる!3Dブックカバーの使い方について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックカバーは無料レポートや情報商材などの見えないものを見えるようにできるものです。

重要なツールですので、ぜひ使ってみましょう!

動画で説明しています。

 

3Dブックカバーはこちら

情報を可視化しよう

ブックカバーは見えない「情報」というものを見えるようにするものです。

これはとても重要です。

例えば、DVDやCD、本などは表紙やパッケージがありますよね?

パッケージに目を惹かれて購入してしまうなんてこともあるかもしれません。

本に至っては、タイトルと表紙で売れるか売れないかが決まるなんて話もあるくらいです。

無料レポートや情報商材にブックカバーを使う理由

先ほども言いましたが、パッケージで売れるかどうかが決まるのです。

パッケージが白紙のものよりは、少しでもデザインされているものの方が良いですよね?

ですのでブックカバーを使ってみましょう。

作り方も画像を選ぶだけなので、とっても簡単ですね!

画像は自作しても良いですし、外注するのも良いですね。

無料レポートだとお金をかけたくない人が多いと思うので、自作でいいと思いますよ。

ぜひ使ってみてください!

 
LINE友達募集中!気軽に申請してください。

スマホ以外の方は「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

スマホの方はこちらをクリック⇒友だち追加





友だち追加
もしくは「@yuge811」で検索!(@をお忘れなく!)

いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする